職人と石へのこだわり

真壁の歴史と真壁石の特色

県北の阿武隈山地と西部の筑波山の周辺は、茨城県の石材採掘地になっています。
広く建築用材、石碑、石灯籠などに加工されている花崗岩の採掘は、江戸時代にはじまります。ここ真壁町の花崗岩は良質なことで知られております。

真壁の歴史と真壁石の特色

現在真壁町石材組合加入者だけで、名の石工がおり、石材業が真壁町の地場産業になっております。 その歴史の古く、江戸時代の作品も現在まで残されております。

昭和30~40年ごろには原石の採掘技術、優良工具を取り入れることで、石造物も大型化できるようなる一方、手作業による細かい仕事が消え、のみで石をたたく音も少なくなりました。

特に近年、海外(主に中国)からの安価な製品が輸入され、手作業による仕事どころか、石材店自体が減少しつつあります。